特に役にたつ情報はないと思います。日記とはそういうものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?


今日は マイルの賢い使い方 がテーマです。

マイルの使い方といえば、まず特典航空券が思い浮かびますが、
実は、タダで旅行ができるわけではないんですよね。

燃油サーチャージ・税金等という余計なのを払わないといけないわけです。

「だったら、ANAご利用券というのもいいんじゃないの?
 エコ割だったら買ってもそんなに高くないし、乗った後でマイルがもらえるし」
と思いついたので、ちょっとシミュレーションしてみました。

■ ケース1:特典航空券を利用する場合

北米(サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントン)への
特典航空券発券には、50,000マイルが必要です。

これに加えて、燃油サーチャージ等を自分で払わないといけません。
10月31日現在、34,960円です。

つまり、特典航空券を使う場合の支出合計は 34,960円 + 50000マイルです。


■ ケース2:「ANAご利用券」を使用する場合

ANAでは(そしてJALでも)、20000マイル使うことで、30000円分の利用券がもらえます。
これを、航空券等の費用に当てるわけです。

ANAの正規割引航空券「エコ割」(21WEB)だと、ニューヨーク往復は72000円です。
(注:これは日本発12月1日、現地発12月4日の場合です)
そしてサーチャージは34960円。
合計で 106960円です。

このうち90000円分をANA利用券で支払うことにしましょう。
90000円分のANA利用券獲得に必要なマイルは、60000マイル。

ここで忘れてはいけないのは、利用券で航空券を買って飛行機に乗れば、
特典航空券の場合と違ってフライトマイルが加算される、ということ。

エコ割21だと、加算率は70%。
ニューヨークまでなら9430マイルが加算されます。
事実上のマイルキャッシュバックですね。

これを考慮すると、利用券を使う場合の支出合計は 16960円 + 50570マイルです。


● 比較

ANAご利用券を使うと、消費マイルは570増えるものの、18000円も安く上がります。
ビックリです。

さらに、マイルをためている人の多くはANAカードを持っていると思います。
ANAカードを持っていれば、ボーナスマイルも加算されます。

ニューヨークまで飛ぶ場合、フライトマイルに対するボーナスは、
一般カードで約1300マイル、ワイド・ワイドゴールドだと約3300マイルです。

つまり、消費マイル・現金支出ともに抑えて旅行が楽しめる、というわけです。


来年度からは、ANAでは必要マイル数が改定になるとともに、
御利用券の必要マイル数も変更になるので、改めて考える必要があります。

また、エコ割の値段は時期によっても変動しますし、距離によって獲得マイルも
違いますから、一概にどちらが得か、ということはいえません。

それでも、「特典航空券だけがマイルの使い道ではない」ということは
心に留めておいて良いと思います。


▲ 補足

とはいうものの、やっぱり特典航空券がいい!という方も多いことでしょう。
だって、「マイルで海外に行ってきた」と友達に自慢したいですよね?
私はしたいです(^ ^)

多少の損得を離れて、特典航空券にこだわってみる、
というのも、もちろん正しい選択だと思います。


↑ご利用券ではサーチャージは払えないそうです。(11月2日追加)

■ 参考リンクリスト

・ ANAマイレージクラブ/海外旅行に行こう
・ ANA国際線で貯める マイレージチャート
・ 秋・冬の欧米、アジア路線の「エコ割」運賃発表

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/02(金) 18:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
  t
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nemunemunomi.blog118.fc2.com/tb.php/93-d4da19da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。