特に役にたつ情報はないと思います。日記とはそういうものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

棚から落ちてきた2個目(3個目)のぼた餅。

まったく期待していなかった帰りのアップグレード。

というわけで、再びCLUB ANAレポートです。

まずは足もとの写真。

CLUB ANAの足もと

わたしの短い足(?)では、伸ばしても前まで届きません。


ファーストドリンク。

ウェルカムドリンク・シャンパン

もう仕事は終わってるので、迷わずシャンパン。


引き続き、二度目のドリンクとおつまみ。

おつまみとウィスキー

ウィスキー(ジャックダニエル)です。
あいかわらずおつまみ美味。


アルコールはここまで。

水とお茶

お茶飲みながらくつろぐ。


次は夕食。

「和食希望ですけど、足りなかったら洋食の魚でお願いします」
と頼んだところ、

ビジネスクラス和食

足りてたようです。
初めてのANAビジネスクラスの和食です。

うん、おいしいですね。


次がメインです。

ANAビジネスクラスの和食(主菜)

鮭の酒蒸し(だったと思う)
もちろんおいしいです。
久々のご飯とみそ汁も嬉しい。


締めはデザート。

ANAビジネスクラスのデザート

パフェです。
でかい。あまい。うまい。



ミネラルウォーター

水も、でかいのが配られます。


これで終わりかとおもいきや、ナイトキャップが配られました。

ANAビジネスクラスで配られたナイトキャップ

ウィスキー?ブランデー?(実は飲んでません)


というわけで就寝

Zzz



北極海付近でのスカイマップ

日本まではまだまだ。
でも全然疲れません。
さすがビジネスクラス。


一眠りしたところで、軽食をお願いしました。

ANAビジネスクラスのあったか鮭おにぎりとみそ汁

あったか鮭おにぎりとみそ汁。

コンビニで売ってるおにぎり+うちの社食のみそ汁の味です。
だからといって侮る無かれ。
コンビニおにぎりはおいしいのだ。
社食のみそ汁も。


ひきつづき、2度目の食事(朝食?)を頼みます。
が、少々時間がかかるらしいので、とりあえずオレンジジュース。

ANAビジネスクラス、オレンジジュース

それほど時間もかからずに朝食。
和食と洋食があり、和食は『とろろそば』だったのですが、わたしはとろろを食べるとジンマシンが出てしまうのです(好きなのに)。というわけで洋食を選択。

ビジネスクラスの朝食

『ブロッコリーとアスパラガスのスープ』だったと思いますが、
主にニンジンの味がします。
ニンジン苦手な方は要注意。
わたしは問題なし。


お隣の英国紳士。

おとなりの英国紳士の写真

離陸後間もない時に、客室乗務員さんが「二度目の食事はお好きなときに召し上がっていただけます」と(英語で)説明しているのを聞いて、「Great!」と言ってましたが、ずっと寝ていました。起こされずに寝てられるのがうれしかったのですね。


最後はコーヒー。

食後のコーヒー

飲んだら、もう日本でした。

稚内上空

「台風のため成田に着陸できないかもしれません」というアナウンスがあったので、「関空に着陸したら楽でいいな~」と思っていましたが、そんなことはなく、予定通り成田に着きました。

成田空港の「おかえりなさい」

レポートおしまい。



私は、飛行機本来の座席とはエコノミークラスであると思っており、「飛行機はビジネスクラスで当然」といった雰囲気の記述を見ると筆者に対して殺意を覚えるので、アップグレードしたときの日記はキャーキャー大騒ぎしている雰囲気を出さないといけない、とは思うのですが、それは往路でやりましたので、帰りは淡々と(?)書きました。

インボラレポート、今度はいつ書けるでしょうか。

それとも、これが最後になるのか。



ちなみに、この後伊丹行きに乗り継いだのですが、搭乗ゲートがロンドンからの便の到着ゲートと同じでした。ということは同じ飛行機?

座ったのは普通席窓際。

「ビジネスクラスは広かったんだね」ということを最後に再確認できました。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
  t
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nemunemunomi.blog118.fc2.com/tb.php/800-c1b9a4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。