特に役にたつ情報はないと思います。日記とはそういうものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

JALとANAでは、大阪国際空港(伊丹空港)を忌み嫌う橋下大阪府知事の脅しに屈したのか、国際線扱いの関空⇔成田便を就航させるようです。

そういえば、ノースウエスト航空も、これから国際線扱いの関空-成田線を就航するんでしたね。

ノースウエストの場合、関空-デトロイト便の廃止に伴う措置ですから、関空活性化という橋下知事の意向にはまったく沿わない形ではありますが。


私が初めて飛行機に乗ったのが関西空港だということもあって、個人的に関空は好きです。→関西国際空港オフィシャルサイト

関空が『世界のキレイな空港ランキング』に選ばれるとうれしいし、『不人気なので関空便は減便される』というニュースを見ると悲しいです。


でもでも、お客として乗る場合、この国際線扱いの関空-成田便はオススメできません。

なんでかといいますと、
理由:成田でお土産のお酒を没収されるから!

現在の、(国際線)→成田→伊丹の場合、成田空港で日本への入国手続きを行いますので、あくまで成田→伊丹間は、国内線です。だから、保安検査も国内線基準です。液体類も、なんだかわからない検査器でチェックされるものの、持ち込み可能です。

ところが、国際線扱いとなると、成田→関空便に乗る前に、再度国際線保安検査を受けないといけないのです。したがって、100mlを超える液体類は持ち込めないらしいのです。

そうすると、海外の空港の免税店でお酒を買ってきた場合、成田の保安検査を通過することができず、『放棄』という選択を強いられることになる可能性が高いです。

参考:JAL-航空機内への液体物持込み制限について-

なお、アルコール飲料の場合、放棄以外にも、『保安検査場で飲み干す』という選択肢もありますが、その後、到着空港での入国審査の際にフラフラになってて怪しまれて別室送りになる可能性がありますので、お勧めいたしません。



ところで、「国際線扱いなら、帰国時に成田の免税店で買い物ができるのでは?」と思いますが、本来免税品は、「国外に出て行く人から当該国が税金をとるのは不当だ」という理由で税金が免除されたものだと思いますので、免税品制度の趣旨に照らせば日本国に出発していく人は日本の免税品店では買えないはずです。

参考:免税品豆知識|成田空港免税店 FaSoLa

ただし、実際の運用面でどうなっているかは知りません。

以前、「名古屋便への乗り継ぎの際に成田で免税品を買った」という話を聞いたような気もします。だとすると、これからは大阪近辺の人も、帰国時に成田買いが出来るわけですね。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
  t
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nemunemunomi.blog118.fc2.com/tb.php/575-8782dd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。