特に役にたつ情報はないと思います。日記とはそういうものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?


最近よく売れていた某ダイエット本に触発されて、食べたもの・飲んだものを写真にとることにしています。そんなわけで、ANA機内で食べたもの・飲んだものの記録です。


まず最初にでてくるもの。

P4150312_convert_20080503220035.jpg

ANAおなじみのおつまみと、機内食前の飲み物のウォッカです。

ロシア上空でロシアの小説(カラマーゾフの兄弟)を読みながらロシアの酒、ウォッカを飲むのです。幸せなひとときです。

どうでもいいことですが、周りの人が頼むのはみんなソフトドリンク・ビール・ワインのいずれかで、ウォッカやウイスキーを頼んでる人は見たことがありません。少し頼みづらいです。

また、客室乗務員さんがドリンクの注文を聞きにきたときに

わたし:「ウォッカください」
CAさん:「飲み方はいかがなさいますか?」
わたし:「そのままでいいです」

という会話を交わすと、

「こいつ酔っぱらって暴れるんじゃねえだろうなあ?」
という不信の目で見られてるように感じるのは気のせいでしょうか?
気のせいですね。
そういうことにしときます。


ほどなく機内食。

P4150314_convert_20080503220221.jpg


ANA国際線サービスのページによると、ここに並んでいる料理の名前は

・ サーモンのマリネ
・ 若鶏のガランティーヌ(ガランティーヌってなに?)
・ ツナとパスタのサラダ
・ ぶり照り焼きと蟹ごはん
・ チーズとクラッカー
・ ブレッドロール


だそうです。

写真を撮り忘れましたが、後からアイスクリームとコーヒーも出てきます。


私は、ANAの機内食は結構おいしいんじゃないか、と思っています。

でも、いかんせん量が少ないです。
女子高生のお弁当みたいです。


オーストリア航空なんかだと、カップめんとかが出てくるらしいですが、ANAでは

P4150317_convert_20080503223417.jpg

とか、

P4150319_convert_20080503223514_2.jpg

とかをもってきてくれます。

スナックをボリボリ食べながら暗くなった部屋でアルコールを飲んでいると、なんか学生時代の徹マンが思い出されますが、おなかはそれなりに膨れます。

(徹マンをご存知ない方のために:
徹マンとは、徹夜でマージャンをやるという、とてつもなく愚かだがやめられない習慣のことです。)


あと、写真とりわすれましたが、パンか巻き寿司ももらえます。


そんなわけで、おなかは膨れましたが、まだ真昼間なので、酒飲みながらダラダラとパソコンで仕事していました。

ちなみにこのときやってた仕事の内容は、英文報告書の作成です。酒飲みながらだと、すごくはかどっているような気がするんですが、あとで読み返したらめちゃくちゃで、結局全部やり直すことになるんですよね・・・


やや多めのアルコールと仕事(したつもり)の疲れで眠くなってきた頃、機内には照明が灯り明るくなって、2度目の機内食の時間です。

P4150321_convert_20080503225201.jpg

写真うつりが悪く、かつ食べかけ飲みかけですみません。

メニューは:

・ ポークビーンズシチュー トマト風味 + ごはん
・ フルーツカクテル
・ デザート
・ ブレッドロール
・ プリン
・ お茶


です。こちらも、量はすくないものの、私はおいしいと思います。

食べ終わると、もう飛行機は小説「罪と罰 」の舞台サンクトペテルブルクの近くです。

P4150323_convert_20080503230607.jpg


12時間近くのフライト、ようやく終わりです。

今回、幸いにもガラガラのプレミアムエコノミーに座れたので、かなり楽できたはずなのですが、それでも12時間座っているのは疲れました。

でもこれから、乗り継ぎ+ウィーンへの移動があります。

九州新幹線全線開通で伊丹・九州路線の航空券は安くなるかな?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
  t
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nemunemunomi.blog118.fc2.com/tb.php/228-e6b3fcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。