特に役にたつ情報はないと思います。日記とはそういうものです。

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/26(土)
久しぶりの陸マイラー活動報告ノートです。

アンケートサイトのマクロミルに数週間ぶりにログインしました。

でも届いているアンケートはありませんでした。

あーあ。

報告以上。

マクロミルへ登録ミルミルマクロミル♪

さて。

私のマクロミルポイントは、現在4500強貯まっています。

そろそろJALマイルに交換したいのですが(注:ANAはフライトマイルだけで十分なので、アンケートポイントはJALマイルへ)、今、ちょっと不便なことになっています。

マクロミルポイントをJALマイルに交換する場合は、

マクロミルGポイントSuicaVIEWJAL

というルートが最も良いと思うのですけど、現在、『マクロミル→Gポイント』の部分が凍結されています。

なんでも、他人のマクロミルアカウントにログインして、ポイントを奪うというケシカラン奴がいたため、それに対する防衛策なのだとか。

迷惑な人たちがいるものです。

ということで、JALマイルに変えるには、迂回路を使う必要があります。


>> [マクロミルからGポイントへの交換凍結解除は?]の続き
スポンサーサイト
2009/09/25(金)
シティカードに電話しました。

NWAシティカード退会のためです。

来月になると、年会費18900円の請求が来るのです。


御存じの通り、退会を申し出ると、「○ヵ月間に○万円利用を条件に1年間年会費無料」引き留めを受ける場合があります。

ちなみに、この件に関する一昨年(申し込み時)の日記はこちら
9月24日→NWA/CITIカードが届きました

そして、昨年の日記はこちら
10月19日→NWA CITI VISAカードの裏技
10月20日→NWA CITI VISAカードの年会費が…

さて、その顛末は次の通りでした。
(おそらく、ご期待にそえる内容ではありません)
2009/09/24(木)
今年の初めにTOEIC860点という目標を立てていたのでした。

もういっこの目標である『ブログ隔日更新』は早々と破綻したので、せめてTOEICはクリアせねば。

じゃあ10月に受けるか、というわけで、TOEICのサイトにアクセス。



実施日 2009年10月25日(日)

申込受付は終了しました



遅かった…

なんだか一昨日の日記と書いてることがおんなじ。
2009/09/23(水)
年末(クリスマスツリー!)にサンフランシスコUSAに行くことになりそうです。

お仕事なのですけど、半日×2くらいは観光の時間がとれると思います。

サンフランシスコは初めてではなく、何度か行ったことがあるのですが、いつもは(遊びの)計画は立てずに行って、結局ホテルと訪問先の会議室を往復するだけで終わってしまうことが多いので、今回は計画的に遊ぼうと思っています。

All work and no play makes Jack a dull boy

ということわざもありますしね。

まあ、そういう計画を立てておくと、往々にして自由に使える時間がなかったりするのですが、そういう悲観的な予測は封印しておくことにして。

サンフランシスコと聞いて思いつくものは

・ ケーブルカー
・ ゴールデンゲートブリッジ
・ アルカトラズ刑務所

あたりですかね。
2009/09/22(火)
シルバーウィークは長いですね。
すでに4日休みが続いたのに、まだ明日も休みです。
すばらしい。


とそれはさておき、ふとNAHAマラソンのことを思い出しました。

日本のホノルルマラソンと言われる、賑やかで楽しいNAHAマラソン。

日本の市民ランナーなら一度は出てみたい大会。


2007年、エントリーしてANA特典航空券を予約するも、事前の練習不足のために参加を断念。キャンセル料3000マイル消費
2007年11月30日の日記「マイルが消えるとき」

2008年、エントリーしてANA特典航空券を予約するも、予約便では前日のエントリーに間に合わないことが判明して参加断念。キャンセル料3000マイル消費(そしてその後、実は当日エントリーも可能だったことが判明し、キャンセル損に終わる)
2008年12月7日の日記「幻のNAHAマラソン当日」

という、悲しい歴史を(個人的に)背負ってきたマラソンなのですけど、そろそろエントリーしないとな、と今日思ったわけです。
2009/09/21(月)
ヒースロー空港ラウンジレビュー、を書こうかと思っていましたが、面倒になったので、シルバークリスラウンジ(シンガポール航空)で見つけた小ネタだけ紹介します。

シルバークリスラウンジには、パソコンコーナーがあって、日本語を読むことも可能です。

シルバークリスラウンジのパソコンコーナー

わたしはここから自分のブログをチェックしました。

ただ残念なことに、日本語を入力することはできません。
というわけで、そのとき書き込んだコメントへの返事は英語だったのです。

(ではどうやって、名前を日本語で入れたのか?といいますと、他の日本語記事からコピー&ペーストで貼り付けたのです)


パソコンのうちの一台に、面白い注意書きがあるのを見つけました。

これです↓

「アダルトサイトを見ないで下さい」という警告表示
2009/09/20(日)
棚から落ちてきた2個目(3個目)のぼた餅。

まったく期待していなかった帰りのアップグレード。

というわけで、再びCLUB ANAレポートです。

2009/09/19(土)
ロンドン・ヒースロー空港の続き。

出発時刻の3時間前になったので、ANA乗り継ぎカウンターに行きました。

相変わらずカウンターはガラガラです。

既にウィーンの空港で、『ロンドン→東京』間の搭乗券を受け取っていたので、それを係員さんに渡します。

(「搭乗券もらってるってことは、すでにチェックインの手続きは済んでるはずなのに、何でここでもっかい手続きするんかな…」)

(「あ、そうだ。ノドが痛いことは言っといたほうがいいな。もしかしたらインフルエンザかもしれないし。帰れなくなるかもしれないけど、まあそれでもいいか」)

などと思いながら待つことしばし。

ANAの係員さん、次のようにおっしゃいました。
2009/09/18(金)
ロンドンヒースロー空港は広いです。

その広い空港の中に、5つくらいターミナルがあり、無料バスで移動します。

バスといっても、滑走路を横目に見ながら広々とした青空の下を走るのではなくて、各ターミナルの下にあるスーパーの駐車場みたいなエリアをバスで延々と移動します。

しかも、なぜか同じターミナルへ移動する人が他におらず、バスは私ひとり。女性とかだったら、怖そうだな、って気がします。変なところで降ろされると、進退窮まります。

ま、当然そんな怖いことはおこらず、無事第2ターミナルに到着。

ヒースロー第二ターミナル

ANAもJALもここから出発するようです。

2009/09/17(木)
えっと、ウィーンでは仕事してお土産買いました。
行きの飛行機で全然疲れなかったので、良く働けました。

以上。

というわけで、いきなり帰りです。


帰りの経路は、

ウィーン
↓ オーストリア航空
ロンドン・ヒースロー
↓ ANA
成田
↓ ANA
伊丹

です。
2009/09/16(水)
さてビジネスクラスです。

今回の私の席は16Aでした。

さすがビジネスクラス、足元ひろびろ~うわぁ・・・

ビジネスクラス足もと
前の籠には手が届きません。不便だよ~
(贅沢ですみません)


そして窓際です。嬉しいです。

エコノミーのときはトイレに行きやすい通路側をリクエストしますけど、ビジネスクラスなら隣の人に動いてもらわなくても通路に出られるので、窓際のほうがいいです。

ちなみにお隣は、会社役員風の男性。感じ良さそうな人です(見た目で判断)。

2009/09/15(火)
先日(といってもかなり前ですが)のオーストリア出張のレポートです。

あくまで現地ではお仕事だったので、現地での写真はあんまりありませんが、行き返りの飛行機だけ、メモです。

まず、往路は、

伊丹
↓ ANA
成田
↓ ANA
フランクフルト
↓ チロリアン航空(オーストリア航空)
ウィーン

という経路。

チケットは、例によって『スーパーエコ割WEB』です。

2009/09/13(日)
JALカードSuicaの種別を、CLUB-Aから一般カードへと変更すべく、カード種別変更届の用紙を請求しました。

約1年前、「あっ、今月中に変更しないと年会費が高くつく」と思ったものの、変更が間に合わず、1万円の年会費を払うことになった苦い経験を踏まえて、今年は早めに動きました。

国際線でビュンビュン飛ぶならJALカードCLUB-Aの25%ボーナスマイル+エグゼクティブクラスカウンター利用権は魅力ですが、私のJAL利用状況では、年会費の元がとれそうにないのです。

カード年会費、うっかり払い続けるともったいないですからね。


2009/09/12(土)
JALとデルタ航空の提携の話が報道されていますね。

しかし、JALのお知らせコーナーには、次のように記載されています。

当社と海外航空会社との提携に係る報道について

当社と海外航空会社との提携に係る報道がなされておりますが、この報道は当社が発表したものではなく、現時点では決定しているものではございません。

2009年9月12日
日本航空
枠内↑引用元: http://www.jal.co.jp/other/info2009_0912_01.html

きっと、私たちの目の届かないところで、山崎豊子さんの小説(『不毛地帯』とか『華麗なる一族』とか)に描かれているような、非情の企業戦争が繰り広げられているのでしょうね。

乗るだけの私などは、気楽なものです。

2009/09/10(木)
秋です。

食欲の秋、スポーツの秋です。

ほかにも勉強の秋、とかもありますけどそれは置いといて。


スポーツの秋にちなんで(というわけではないでしょうけど)、JALで

JALホノルルマラソン・完走マイルプレゼントキャンペーン

というのが実施されます。

名が表すとおり、「ホノルルマラソンに出場して完走したJALマイレージバンク会員にマイルをあげますよ」という企画です。
2009/09/08(火)
ヨーロッパ出張中にとった写真を昨日がんばってブログにアップロードしようとしたんですが、なかなか時間がかかり、しばらく終わりそうにありません。

というわけで、渡航記はしばらく時間がかかる見込みです。

時期・内容ともに、あまり期待せずにお待ち下さい。

現地では珍しく?真面目に仕事してたため、写真はほとんど撮ってませんが、『オーストリア航空搭乗記』+『ANA機内食レポート』+『ヒースロー空港ラウンジレビュー』くらいは、がんばって書きます(あくまで予定)。


間をつなぐために、今日もプレゼント情報です。

宿選びの達人T氏が選んだ憧れの豪華宿泊券プレゼント』です。
2009/09/06(日)
先日、伊丹空港へ向かうモノレールの中で、こんな車内放送を聞きました。

「8月30日は衆議院議員選挙の投票日です。
 かならず投票いたしましょう。」


...ん?

日本語がおかしいのでは?

「いたします」は「します」の謙譲語だから、相手の行動を促すときに使うことはできないのでは?


2009/09/05(土)
秋冬の旅行シーズンを控えて、これから、各旅行会社・航空会社は、種々のキャンペーンを打ち出してくる見込みです。

今日はそのなかからKLMオランダ航空のキャンペーンの紹介。

ヨーロッパ個人旅行応援キャンペーン
最大5万円分KLMクーポンプレゼント


です。
2009/09/03(木)
先日の出張の際、テレコムスクエアのレンタル海外携帯電話を利用しました。

(周りの人たちが持っているモダンな携帯電話なら海外でも使えるそうですが、私のはクラシックなやつなので、海外では使えません。)

このテレコムスクエアのレンタル海外携帯、なんと、往復ANA便を利用する人は基本使用料が無料になるのです!
(注:通話料はかかります。
 また、紛失・盗難保険にはいると、その料金も必要です。)

詳細はこちら > 国際携帯電話レンタル料無料サービス

2009/09/01(火)
日本に帰ってきました。

現地での仕事も成功裏に終了して、
飛行機もムフフだったのですけど、まあそれについてはまた追々。


今日は、渡航中にじゅんさんからいただいたコメントへの回答をここで。
(ほんとうはコメント欄がいいのですけど、少し長くなるかもしれないので)


ANA東京―サンフランシスコ間ビジネスクラスでお勧めの座席は?
というものです。

このブログをよく見てくださる方は御存じの通り、私はエコノミー派ですので(好きなんじゃなくて予算の制約で)、ビジネスクラスにはそう何度も乗ったことはありません。だけど、案外そういう人の感想のほうが、乗りなれた人の感想よりも有用だったりするかもしれません。読者もビジネスクラスにめったに乗らない人であれば、特にそうです。だから、あえて書くことにします。


まず、私が昨年末にサンフランシスコからの帰りに乗った座席は、確か15Dだったと思います。

こんな場所です。

(前方)
==  ===  ==
バーカウンター
==  ===  ==壁
□□  ■□□  □□
□□  □□□  □□
~~~~~~~~~~仕切り
プレミアムエコノミー席
(後方)

上の■で示したところが私の席です。

後方ブロックの1列目です。

ANAビジネスクラス(サンフランシスコ便)では、シートは少し傾いたベッドに変形できるのですが、実際にはシート間隔はベッドの長さ分はなくて、足元がすこしだけ、前の席の下に潜り込む形になります。

でも1列目だけは、前に座席がなく、壁に穴はあいていないので、ベッドの長さ分のスペースがあります(傾きを考慮すると、ベッドの長さ×0.9くらい)。つまり、1列目は他の列と比べると、ちょっとだけ前が広いです。


では一列目が私のオススメかというと、そうではなくて、むしろ一列目以外をオススメします。

理由は次の通りです。


まず、ビジネスクラスシートはどれでも十分広いので、1列目とそれ以外では感覚としては広さはほとんど変わりません。むしろ、一列目は広すぎて、前のかごに手が届かなくて不便です


次に、目の前が壁というのは、心理的に多少圧迫感があります

自分の前方にいくつか席があったほうが、解放感があって、
「おおぅ、今自分はビジネスクラスに乗ってるんだ~」
という雰囲気が味わえる
、と思います。

(もちろん、エコノミークラス運賃で乗せてもらった私が、割り当てられた席に不満などあろうはずもございません。ただ相対的に、他のほうがいいだろうな、というだけの話です。)


また、せっかくのビジネスクラスですから、ぜひとも窓際で景色を楽しみたいものです。

隣りのお客さんに気兼ねなく過ごすためにも、御夫婦での旅行なら、AC(左から2席)またはHK(右から2席)という並びで予約されるのがよいかと思います。

翼にじゃまされて下界が見えないと残念なので、翼の前方(8列より前)がオススメです。

見える景色は、サンフランシスコ行きでは進行方向に向かって左側(AC席)、帰国便では右側がいいらしいです。私はいつも(エコノミーのとき)通路側に座るので良く知らないのですが、飛行経路によっては、往路で運がいいとアラスカ上空のオーロラが見られるそうですよ。


私の意見、情報はこの程度です。
参考になれば幸いです。

また、おもいついたら追加します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。